スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月運用成績【ちゃいFUND】

5月運用成績


5月末時点での運用成績が確定しました。結果は今月もなんとかプラスで終わり。対年始でもようやくあと1%というところまで迫れたので、なかなかいい展開と言えなくもないかな。今月の前半は体調が悪くほとんど取引していないし、最終日にちょいとやらかしたりと反省点もありますが、まあしゃーないかなって感じです。どーせ突きつめてやるだけの実力もないし、飽き性でもあるので、ほどほどに楽しんでいければいいかなと。あと、基本感覚で取引しているから冷静に考えればおかしい取引が多いとは思いますが、まあそれもそれでいいかなーと思ってたりします。結論、適当!!ww


○5月運用成績

 対前月 +2.76%  (日経平均 -1.58% TOPIX -1.57%)
 対年始 -0.98%  (日経平均 -5.23% TOPIX -6.71%)



そんじゃまあ今月もお疲れさまでしたー。
来月もみなさんと私にとっていいひとつきとなりますよーに!
スポンサーサイト

【書評】なぜそこに感動が生まれたのか デザイナーズ・ウェディング ノバレーゼの創造と挑戦 柏 耕一 著

なぜそこに感動が生まれたのか デザイナーズ・ウェディング ノバレーゼの創造と挑戦


まずはじめに述べておくのは、この書が2007年12月発行の書であること(東証マザーズ上場1年2ヶ月後・2011年3月時点から見て3年以上前の発行)。そして、著者はノバレーゼ内部の人間ではなく、ライターとして取材を基調とした外部からの意見と紹介を述べている書であること。この二点を理解した上でこの書を手に取る必要があると感じる。その上で私は当社の株式を購入し投資をしている身として興味を持ち一読してみた。


さて、内容はというと。ノバレーゼという会社がどのような経緯をたどって設立されたのか。そして、そこで働く従業員がどのような想いを持って仕事をしているか。この二点が紹介されていると思う。

ノバレーゼという会社の社長はリクルート出身。また、独立した後の設立当初の社名はワーカーホリック。ぱっと聞いた感じは猛烈に働く印象を受ける。そして、それはまさにその通りなのだろう。だが、それはなんのためか。そこにこの企業の真髄があると見受けられる。

当書では「ノバレーゼ・スピリット=ノバスピ」と称されているが、以下にそれを説明した言葉を列記したい。

「お客様の笑顔の総和こそ、我々の利益であること」
 ・日々完全燃焼するということ
 ・見返りを求めないということ
 ・魅力的な人間になるということ
 ・常に自分で道を開く

この精神を従業員が常に持ち続けて発展してきた企業なのだろう。事実、この想いを持ち続けた結果、この書が執筆された時期から3年で売上高1.4倍と成長を続けている。そして、この想いを従業員が持ち続ける限りまだまだ成長の可能性があるのではないかと私は考える。


実際にこの会社で働くとかなり大変なんだろうなぁと思うが、その分適応する人には最高の職場になるのではなかろうか。私は率直にそう感じた。そして、それが少し羨ましいなとも思ったり。

ブライダル業界は人々に幸せを生むいい業界だと思うなぁ。そして、このノバレーゼという企業が投資に値するかどうかを抜きにして、より好きになることができた良書だったと思う。

若干苦労話や成功話を美談としてまとめた書という印象を受けなくもないが、ブライダル業界・そしてこのノバレーゼという会社に興味があるのならば一読してみるのもいいのかもしれない。


ちゃいのオススメ度 : ★★★★☆





※投資は自己判断・責任でお願いしますね。

【書評】ごっこ 1 (ジャンプコミックスデラックス)  小路 啓之 著

ごっこ 1 (ジャンプコミックスデラックス)


ロリコンでひきこもりの男が女の子を拉致して自分の子供として育てる。

設定だけ聞くと拒否反応を起こす人も多いだろう。もちろんこの設定はれっきとした犯罪である。
しかし、その設定を利用して上で「親」としての成長をする男の姿や、子供を育てるということに対しての著者の考えが随所に表現される奇作である。読み進めていくと愛とはなんなのかを考えさせられるから不思議だ。

まだ1巻までしか出ていない段階であり、ストーリー的にも淡々とした部分が続く状態ではあるが、先への伏線も含めて続きが気になる作品である。この作品がどう帰結するのかが今から楽しみで仕方がない。


もともと、この小路啓之という著者のマンガには異常性愛とでもいうべきキャラクターや話が多数出てくる。世界観も無国籍でイカレているし、登場人物もどこかぶっ飛んだキャラクターが多い。しかし、その中で「真の愛とは」といった点に最終焦点が当てられ、不思議とほんわか感動できるストーリーへと終着するのがまた著者の奇才たるゆえんであると思う。さらに、文学好きが好むようなセリフまわしは読んでいてテンポの良さを実感する。私は「イハーブの生活」でこの著者を知り、その天才ぶりに感動した覚えがある。


もしこの著者に興味を持ったならば「かげふみさん」あたりから入るとすんなり世界観にはまれるかなぁ。既に完結している作品でもあるし。その場合も多少の下ネタとグロに耐性がないと読むことができないがw
「来世であいましょう」に関しては、後日書評として記事にしようかな。


万人にはオススメできないが、きっとハマる人が出てくるであろう著者の作品。食わず嫌いせずにこの機会に食べてみるのはいかがでしょうか!?


ちゃいのオススメ度 : ★★★★☆







【書評】ネコ型社員の時代―自己実現幻想を超えて 山本直人著  (新潮新書)

ネコ型社員の時代―自己実現幻想を超えて (新潮新書)

以前タイトルに惹かれて購入をし、そのまま積み本となっていたものを読了。
2年ほど前に出版された書なのですが、意外や意外、良書だと思います。

高度成長期・バブル等を経て現代へと社会が移り変わる中での、日本人にとっての会社に対する意識の変化を的確に言い表しつつ、近年多くみられるようになってきた「ネコ型社員」という新しい価値観の働き手を冷静に分析していると思います。

日本社会を覆う二つの呪縛「自己実現」と「日本人は勤勉」という価値観が「ネコ型社員」が会社において居心地の悪さを感じる要因となっているという著者の考えには至極共感するところがあります。当たり前のように蔓延する日本人らしさがそもそも正しいのかどうかといったところも今一度考えてみる必要がありそうです。

私はこの書で表現されている「ネコ型社員」にまさにあてはまると実感します。ちょうど最近自分の働き方に自信を持てなくなっていたところでもあったので、自分が異常なわけではないと少し安心した要素もあります。

自分が「ネコ型社員」だと思う人にとっては自分の存在の再認識ができますし、そのような価値観を理解できない!というような人にとっても本書の後半は「ネコ型社員」への対処法等が書かれているため、共に一読してみる価値アリだと思います。


○ネコ型社員の掟

一、滅私奉公より、自分を大切にする

二、アクセクするのは嫌だが、やる時はやる

三、自分のできることは徹底的に腕を磨く

四、隙あらば遊ぶつもりで暮らしている

五、大目標よりも毎日の幸せを大切にする



やるときゃやりながら人生楽しんでいきますよー!


ちゃいのオススメ度 : ★★★★★



【書評】首こりは万病のもと 松井孝嘉著 (幻冬舎新書)

首こりは万病のもと―うつ・頭痛・慢性疲労・胃腸不良の原因は首疲労だった! (幻冬舎新書)


まるで雑誌の最終ページにある怪しいブレスレットの販売広告みたい。これがざっと読了した後の印象です。

当院で首の治療を行えば高い確率で効果があらわれます!
あんなに悩んでいたAさんの完治に至る体験談はこちら!

大半がこのような内容にで占められているため、うさんくささたっぷりです。


ですが、首疲労による体調不良には思い当たるふしも多く、日常においても過不可がかかっているパーツなだけに、日ごろから意識して休息をはさむことが重要であるという著者の意見には賛同します。
特に、第6章の部分は日常でできる対処法等も書き記されているので、一読しておいて損はないかと思います。

また、著者曰く下記の症状に効果を発揮するとのことなので、なかなか症状が改善されないという方も一読してみるとよいかもしれませんね。


<著書内に列挙されている、首疲労治療にて対処可能性のある病名>

・緊張性頭痛
・めまい
・自律神経失調症
・うつ状態(頸性うつ
・パニック障害
・ムチウチ
・更年期障害
・慢性疲労症候群
・ドライアイ
・多汗症
・機能性胃腸症
・過敏性腸症候群
・機能性食道嚥下障害
・血圧不安定症
・VDT症候群
・ドライマウス


あくまで治療の可能性の一つとは思いますが、首治療専門科という医療ジャンルが過去ほとんど存在しなかったことを考えると、今後の可能性にも期待したいところです。

ちゃいのオススメ度 : ★★★☆☆





※私は医療従事者ではありませんので、あくまで主観での考えを述べております。客観性・妥当性・効用等の責任は負いませんのであしからず。
プロフィール

ちゃい 

Author:ちゃい 
趣味は音楽と自転車と投資と読書な兼業投資家。
学生時代にオーストラリア縦断自転車一人旅を行いました。
楽しみながらのんびり和やかに投資を行うスタンスです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。